みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

欲望についてばかり考えている

相も変わらず、欲望について考えているし、欲望について鈍感な人を見ると嫌になる。バカみたいな話だけど。

 

人間は欲望で生きていると思う。欲望の形は人それぞれだ。欲望をどのように飼い慣らすか、それは人それぞれだ。しかし、欲望について鈍感な人だけは嫌い。自分の欲望について知るということは、全てを受け入れて、責任を取るということだ。欲望を肯定して、それを実行するということは、全てにおいて責任を取るということだ。

 

しかしながら、欲望だけを好き勝手に走り回させて、それが己のものだと自覚しない人が多すぎる。お前はお前が好きなんだろう。それは結構。しかし、その行動は責任を取れるの? 欲望について考えた事があるの? 鈍感なやつばかり。

 

わたしは欲望について考えている人が好きだ。欲望を肯定し、すべてに責任を取るのならば、欲望に従うことも良いと思う。欲望に従うこと。それはどんな気分なのだろうか。あらゆるものを無視して、己の欲望という本能に従うこと。おそらく、破滅の香りがする、ゆえに、甘美なのではなかろうか。わたしはそこまで手を伸ばせない。

 

無意識の欲望ほど醜いものはない。無意識の欲望に従うことは、野蛮で、非常に愚かだと思う。欲望は自覚することで初めてステージに立てる。欲望を認め、己を省みて、次の行動を決める、その過程がなければ欲望はただ野蛮なものでしかありえない。

 

堕ちるのも結構、しかし、自覚的に堕ちるのか、気づいたら落ちているのか、それは大きな問題だ。欲望は常にそこにある。欲望がなくなったら死んでしまう。よく棒を飼い慣らさなければならない。欲望に従うことは、甘美な罰に似ていることも多い。それが分からないのならば、道徳に従って生きるしかない。

 

悲しいことも、あるだろう。生きることが、つらいこともあるだろう。それでも知りたいことがあるならば、それが欲望だと思う。わたしは、知りたい。知りたい。

 

おわり。