みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

2019.6.16 ブッキングライブ@F.A.D YOKOHAMA

f:id:s_awa:20190618190342j:image
f:id:s_awa:20190618190348j:image
f:id:s_awa:20190618190345j:image
f:id:s_awa:20190618190339j:image

F.A.D YOKOHAMA

REAL GOLD
ハイパムフィクサー / New Party Rule / NO:NAME / the CLIMB OVER /
Daisuke Ariga / 笛木透 / トップバリュー天野

 

セットリスト

スロウダンス 

smile

-MC-

約束のない待ち合わせ

春風

-MC-

DRIVE

 

セットリストについて

今回、セットリストを明るい曲縛りにしてみました。いつもブッキングライブだと、だいたい一曲目は決まってて、真ん中でちょっとダウナーな曲をやって、終わりはエンディング感ある曲って感じで組んでいたんだけど、違うことをやってみようということで今回はハイパムフィクサーの中でも明るい曲だけをセレクトしました。次のライブがちょうど一週間後にあるのですが、そのセットリストと対になっていて、一週間後はバリバリにダウナーな曲だけのセットリストとなっております。ハイパムフィクサーを初めて曲をいろいろ作ってきて、CDも作って、ライブもやって、だんだんと自分たちに出来ることが分かってきた気がします。自分たちがやりたい曲、好きな曲、みんなに聞いて欲しい曲、そういうのがだんだん自然に選ばれてきてるなって感じがしています。これまでいろんな類の曲を作ったけれど、これからはもっとハイパムフィクサーらしいことっていうのを見つけていきたいと思います。そのためにはもっと作りたいです。あと作詞に関して実はひとつ大きなヒラメキがありまして、これから書くものは変わっていくかもしれません。

 

トリって大変

今回はなんとトリでした。自主企画以外でトリにしてもらったのはたぶん初めてなんじゃなかろうか。トリってのはありがたいことでもあるし、プレッシャーもあるしで、大変でございました。予想はしていたけど、予想以上に大変でした。トリを務めているバンドさんはえらい。ほんとにえらい。自主企画は2バンドか3バンドしか出ないので、まぁそんなにトリ!って感じでもなかったんですけれども、ブッキングでたくさんの演者さんの最後にやるっていうのは大変なことですわ。

 

感想

なんか最近いろいろ考えるんですよね。普通にカッコつけてやっても、わたしには似合わないし、そもそもカッコつけられないし、じゃぁどうしたらハイパムフィクサーを、わたしたちのことを、覚えていてもらえるか。バンドは星の数ほどあって、上手いバンドもカッコイイバンドのもたくさんいる。そこで少しでも引っかかりが出来るようにするにはどうしたらいいか。それで、始め方を決めたり、ちゃんと告知しないで変なMCしたり、ステージ上からビールを頼んでみたり…正直これが正解かなんて全く分からないし、逆に嫌われることもあるだろうなって思うし分かってるんですけど、それでも、なんとなく見たけど普通~みたいな感じで忘れられてしまうよりは、変なバンドだなって思って引っかかってくれたらいいなと思ってやっています。まぁ、わからないよね。なにが正解なのか。トライアンドエラーだよ。とりあえずやってみる。ダメならやめる。たまに怖いけど、ねー。

 

メールマガジンはじめました

ところで、メールマガジンをはじめました。日々のあれこれとかを長ったらしく書いてます。ブログやTwitterは公のもので誰でも見られるので書けないこともあるので、メールマガジンではもう少し踏み込んだ内容を書いています。ライブの話もメールマガジンでは違ったことを書いています。もしよかったら登録してください。よろしくお願いします。

ここから登録できます。

hypamfixer | Frekul(フリクル)

 

おわり。