みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

飲みすぎて悲しくなってきた

怖いことだらけだ。一瞬、もう大丈夫だと思っても、あっという間に崩れ去る。ねぇ、わたしのこと、嫌わないで。わたしの側から離れていかないで。そんなのばっかり。ひとりでやっていけるって思っても、ちょっとつつかれたら、あっという間にガラガラ崩れてしまう。恐怖心に打ち勝てない。

 

罪悪感と悲しみばかり。頭では分かっていても、感情に勝てない。もう会えない人、もうさよならしてしまった人、ごめんなさい、ごめんなさいって、何が悪いのかも分からないけど、ごめんなさいって言って戻るなら戻りたい。悲しいんだよ。とても悲しいんだ。

 

とても大切なのに、傷つけてしまったのではないかと、怖くなってしまう。どうしていつもこうなんだろう。自分には底辺がお似合いだと思ってしまう。いつまでも、幸せな自分を想像出来なくて、少しでも満たされると怖くなってしまう。結局は失うのなら、と、自分で壊してしまう。いつも壊してばっかり。いつも足りない。いつも怖い。いつも探してる。自分のせいにすれば楽になれる。わたしは最低でいい。

 

満たされたい自分と、満たされれるのが怖い自分が、矛盾していて、支離滅裂な行動ばかりだ。いつまでも整理できない。恨むこともできない。自分で自分を変えていくしかない。分かってる。でも苦しい。わたしはどうしてこんな人間になってしまったんだろう。どうしてこんな風になってしまったんだろう。平凡で、どこにでもあるような、そういう生活が、とてつもなく遠いんだ。ただ、必死に、生きているだけなんだ。生きることは、とてつもなく難しい。ごめんなさい。本当にごめんなさい。

 

自分でも馬鹿みたいって思うよ。もっと上手く生きられたらと思うよ。あなたが羨ましいよ。でも、わたしはいきていかなくてはいけない。絶対に、死ねない。這ってでも生きていかなくてはいけない。ごめんなさいって思いながら、もう嫌だよって思いながら、ニコニコして生きていく。いつか思っていた場所とは随分と遠いところにいるけど、それでも、生きていかなくてはならない。たまに、ねぇもういいよ、もう諦めようよ、って気持ちになる。全部やめたら楽になれるのかもしれないけど、全部捨てたら楽になるのかもしれないけど。

 

涙はぽろぽろ流れる。そして明日は来る。まだ死ねない。だから今日も起き上がる。1日が始まる。ここではないどこかへ行きたかった。わたしは今そこにいる。だから、まだ、死ねない。

 

おわり。