みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

美容外科でピアスを開けてきた(インナーコンク、ヘリックス)

f:id:s_awa:20180918223656j:image

初めて美容外科でピアスを開けてもらいました。

 

美容外科を選んだ理由

ピアスは若い頃に何度も自分でピアッサーをつかって開けたことがあったんですけど、また最近私の中でピアスブームがきて開け始めました。

が、しかし、ピアッサーの失敗率が高い。

要因はいろいろあって、そもそもピアッサー自体がセルフだと単純に狙った角度、狙った場所に開けるのが難しいということ。握って力を入れてガチャっとするので、開ける瞬間に場所や角度がズレてしまうっていうのが多いです。特に私はめちゃくちゃ耳が小さいので、なかなか狙ったところに開けられませんでした。あとは、最近のピアッサーはある程度力を入れるとバネの力でバシッとビアスが発射されるものが多いんですが、これがまた下手なのか貫通しない事案が多い。なんだかんだピアッサー7個くらい買ったのですが、きちんと貫通して開けられたのは1箇所だけで、あとは途中で止まってしまって、諦めて抜いたり、消しゴムあてて無理やり押し込んで貫通させたりしました。

それで、何個もピアッサー買うよりはどこかで開けてもらう方が早くね?と思ってセルフで開けるのはやめることにしました。

となるとピアススタジオか、美容外科でピアスやってるところ、ってことになりますが、お値段とか手軽さを考慮して、銀座にある某美容外科に行くことにしました。

明ける前のわたしの耳↓


f:id:s_awa:20180919172332j:image

失敗って書いてあるところはヘッドホンすると痛すぎて邪魔なので諦めて外した。青いピアスのところは昔昔に開けたんだけど浅すぎたし諦めて、ここらへんにまたヘリックス開けたいと思いました。

 

処置までの流れ

美容外科についてアレこれ書くのは良くないと聞いたので、具体的な名前は伏せますが、銀座にある美容外科へ行きました。予約不要だし、お値段もお手頃だし、ニードルでの処置もしてくれるらしいのでそこへ。

名前や住所を用紙に記入したのち、鏡を見ながら開けたい場所に自分でマーキング。そのあと受付で開けたい位置を伝えて相談します。本当はヘリックス、インナーコンク、ルークの3箇所を開けたかったのですが、めちゃくちゃ耳が小さいのでルークはかなりギリギリで難しいだろうってことで断念。インナーコンクは持ち込みのピアスを使ってもらうことにしました。念の為、ゲージとかシャフトの長さの違うものを何種類か持って行って、どれがいいか相談しました。ヘリックスもニードルで開けてもらいたかったのですが、ヘリックスなら別にピアスガンでいいんじゃないですかー?ってことで、まぁあいかなぁとピアスガンにしました。基本的には受付のお姉さんが対応してくれるんですけど、ところどころ先生が出てきてくれました。内容が決まったらお会計。

 

処置はこんな感じ

個室に入ると歯医者さんみたいな椅子があって、そこに座ります。耳を見てもらって、角度とかをちょっと確認。ヘリックスはピアスガンなので、麻酔なしで座った体制でやりました。いきますよーーバンっ!って感じであっという間に終了。痛みは、市販のピアッサーより痛くなかったきがします。麻酔なくても全然耐えられる程度。ピアスガンの方が早いからかな? ニードルで開けて欲しかったのは、ニードルの方が治りが早いって聞くのもあるけど、ピアッサーについてるファーストピアスってキャッチがデカいからすぐ引っ掛けちゃって嫌だったからです。が、今回つけてもらったピアスはそんなに引っかからなそう。よかった。

次にインナーコンク。場所を確認して、麻酔注射。麻酔はキャンペーン中?とかで料金に含まれてました。麻酔注射は、歯医者でやる麻酔と同じような感じです。深くまで刺さないのでそんなに痛くないです。さっきのピアスガンより全然痛くない。そのあと、ニードルで開けてもらいます。麻酔が効いてるので刺さった感覚もなにもありませんでした。「え?もう刺さってます?」って言ってしまった(笑) そのあとピアスを装着して完了。麻酔のおかげで無痛でした。少し出血してるとのことで、止血のためにキツめにガーゼをあててもらいました。

 


f:id:s_awa:20180919172823j:image


f:id:s_awa:20180919172613j:image

ちなみに黒いマーキングは無理だよって言われたルークです。耳小さいんだー。

 

病院の印象

これは病院名を伏せてるので書く意味あるのか分かりませんけれど、銀座にある予約無しでピアッシングしてくれるセンターです。(笑)

ネットではいろいろ書かれてましたが、受付のお姉さんは気さくな感じだったし、先生も慣れてるので非常にサクサク進みました。丁寧な説明とか、優しさとか求めてる方には向かないかもしれないですけど、自分で開けられない場所をサクッと開けてもらえるのでわたしはとても良いと思いました。わたしの前に処置を受けていたのは、お母さんと一緒に来ていた若い娘さんで、初めてピアスをあけに来たっぽい人でした。その人には受付のお姉さんがケア方法とか、調子が悪くなったらどうすればいいか丁寧に説明していました。

 

その後は…

麻酔は3時間くらい効いていると言われました。ヘリックスの方はほとんど痛みはありません。インナーコンクも麻酔がきいてる間は無痛。4時間後くらいに麻酔が切れたら、ズキズキと痛みましたが、虫歯よりは耐えられるって感じですね。麻酔が切れた直後がやっぱり痛くて、そのあとはだんだん引いてきました。インナーコンクは顔に近いからか、笑って顔の筋肉が動くと痛っ!となりました。ピアスを開けたのは午前中で、夕食をたくさん食べたかったので普通の鎮痛剤を飲みました(笑) 鎮痛剤飲んだら痛みは引きました。これを書いている現在は鎮痛剤は切れてると思うんですけど、痛みはありません。

 

病院は楽だー

セルフでピアッシングするより病院は楽ちんですね。という感想。ピアススタジオがいいっていう話ももちろん知ってますが、なかなか敷居が高く引きこもりのわたしには美容外科で充分かなという感じ。そんなに特殊な場所に開ける予定もないので。

ピアッサーなんて最近安いので、それに比べればお金がかかるっていうのは分かるんですけど、ピアッサーが安すぎるというか、身体に穴を開けるんだからこれくらい払ってもいいんじゃないかなって印象。セルフで思ったように開けられなかったり失敗するより全然いいです。今回のお会計は1万円でお釣りが来ました。

 

また経過など書きたいと思います。

 

おわり。

 

続きはこちら。

インナーコンクとヘリックス育成日記(1~4日目) - みさちのにっきちょう