みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

2周目の季節がやってくる

f:id:s_awa:20180820061043j:image
f:id:s_awa:20180820061036j:image
f:id:s_awa:20180820061040j:image

 

終わりの記念日よりも、始まりの記念日を思い出す方がいいと思う。たぶんね。

 

自分の想像なんて、現実は軽々超えていくのだと知る。大人になれば、それなりにつまらない毎日が待っていると思っていたのに、それなりにいろんなことが起きる。子どもを産んだ時、人生の感情の振れ幅がすごく大きくなったなって感じたけど、それは子どものせいじゃなかったんだ。たぶん、歳を重ねていくっていうこと自体が、いろんなことを引き受けて、いろんな感情を背負っていくことなのだと今は思う。

 

できるだけ身軽でいたいと思っていたのに、気がつけばいろいろなものを持っている。得ることよりも手放すことの方が難しく、なかなか思うようには生きられない。そんなものかなぁ。

 

また「失ってから2度目の季節」を経験することになってしまった。それでも、1人でやっつけるしかない。もう誰にも救いを求めたりしないから、自分で手に入れたものだけを信じていようと思います。孤独でも別にいい。

 

おわり。おわりだよ。