みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

バンドのCDができました

デモCDができました、我ながら傑作だよ!

私のバンド、ハイパムフィクサーのCDができました。

 

f:id:s_awa:20180318202341j:image

「スロウダンスep」hypamfixer

1.スロウダンス

2.RELOAD

3.祈りのようなもの

4.最後の夜に

5.DRIVE

 

スロウダンス音源公開中

スロウダンス hypamfixer - YouTube

 

1曲目のスロウダンスは新曲です。

YouTubeでフルで聞けますのでぜひ聞いてください。

 

 

購入はこちら

hypamfixer

データでの購入もできるようになってます。

 

雑感

ここからはこのデモCDができるまでとか思ったこととか書きます。

曲を作ってバンドをやりたいと思い始めてから、初めてひとつ形になったので、とても嬉しいです。オーディション行ったり配信やったりブログ書いたり、全部はバンドのためにやってきたことなので、それぞれの場所でわたしに興味を持ってくださっている方がいたら、ぜひ曲を聞いてほしいです。これがわたしのやりたいことだし、目的だし、1番届いてほしいものです。

作曲に関して、曲を作りたいなとぼんやり思い始めたのは結構前で、その時はベース以外の楽器が弾けなかったのでiPadを使って曲を作ってみたり、本を買って理論を学んでみたりしましたがそのときは出来ずに終わりました。その後、ギターを少しだけ弾けるようになって曲が作れるようになりました。思い返せば、1度挫折したけど、挫折した時に理論を学んでいたこと、あとは高校生の時の選択授業の音楽が無駄に高度だったおかげだと思います。授業の成績は最悪だったけど。そのときは理解出来なかったり、身につかなかったことも、時間が経ったり、なにかきっかけがあると、ピコーん!って繋がって理解出来たりするんだなぁと思います。

スロウダンスは新曲です。この年末年始は異常に曲作りしまくっていて、とにかく大量に作っていけばたまにはいいやつ出来るだろうってことで山ほど作りました。結果的に、どうやって曲作りをするのが自分に合ってるかとか、どんなコードが好きかとかはっきりしてきたので良かったです。大量に作った全曲に歌詞をつけるっていうのもマイルールとしてあったんですけど、作詞に関しても量をこなすとまた違うものが見えてくるなと思いました。表面をなぞったりするものとか、かんたんに煙に巻くものは面白くない。

あと一番楽しかったのは、わたしが作詞作曲をして弾き語りをしたものを、編曲してもらってバンドアレンジになったものを聞いた時です。編曲に関しては全く学んだこともないし知識もないし何よりギターがコードしか弾けないから全然ダメで、全く丸投げでメンバーにお願いしちゃってるんだけど、それが出来上がってきた時のわくわくとか、驚きとか、すごく楽しいなと思いました。そしてそれをスタジオで演奏するのもとても楽しい。作ったものがだんだん形が変わったりして、変化していくのが楽しい。自分では思いつかなかったものになったりする。

どんなものをやりたいのか、わたしたちは奇抜でもないし、めちゃくちゃ分かりやすい曲をやってる訳でもない、だから、まだまだ分かりにくいと思うんですね。だけど、それは、これから曲を積み重ねていくことで輪郭がみえるんじゃないかと思います。なので、これからもどんどん曲を作るし、まずはこの1枚目をぜひ聞いてほしいです。

 

よろしくお願いします。ぜひ聞いてください。

 

おわり。