みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

写ルンです風のアプリにハマってるはなし。

このアプリにハマってる。

 

f:id:s_awa:20171021093410j:imagef:id:s_awa:20171021093414j:imagef:id:s_awa:20171021093419j:imagef:id:s_awa:20171021093425j:imagef:id:s_awa:20171021093431j:imagef:id:s_awa:20171021093434j:image

 

Huji Cam

Huji Cam

  • Jbinary
  • 写真/ビデオ
  • 無料
Huji Camを App Store で

 

内容はシンプルで、写ルンですみたいに撮れるだけのアプリ。無料と有料があって、無料だと自動保存が使えないみたい。アプリ内には保存されるから、手動でカメラロールに書き出しが必要。

 

f:id:s_awa:20171021093845j:image

操作画面はこんな感じ。右下のデカイボタンがシャッター。ストロボ使うか使わないかだけ選べる。あとは押すだけ。まさに写ルンです

 

f:id:s_awa:20171021093955j:image

左の窓を覗いて撮るのは流石にやりにくいので、こうやって画面を見ながらも撮れるようになってる。

で、ここで面白いのが、ここで見えてる範囲と、画像で保存されてる画面の範囲が微妙にズレてること。なんとデジカメのくせにパララックスを再現しておる。ちなみに撮ったあとは勝手に保存されて、画像一覧に移動するまで撮影結果は見られない。だから、意図しなかったやつが撮れるのよね。フィルムっぽいエフェクトもランダムでかかるみたいだからさらにコントロール感がなくてよい。フィルムカメラのたのしさを思い出した。

 

その昔、わたしは『ラブ&ポップ』という映画にハマっていて(小説も読んだ)、そこにはコンパクトカメラで写真を撮るのが好きな女子高生が出てきてて、それの真似事をしてたんだよね。ちょうどそのあとガーリーフォトのブームが来たりもして、コンパクトカメラってのはすごく馴染みがあるし、なんとなく好きなのに好きって言えない悔しさみたいなのがあって。コンパクトカメラの雑な感じとか、ギンギンな色味とか、なんでもそれなりによく見えちゃうからね。でも今は素直に楽しい。なんでもないものをパシャパシャ撮る。どうなって出てくるか分からないワクワクが楽しい。まぁ今更これでどうこうってことはないけど、なんとなく、写真をやり始めた頃の、ただただ撮ることが楽しい気持ちをまた味わってる。

 

ちなみに写真はインスタに載せてる。などと宣伝をして終わります。

 

みー (@misachi_bass) • Instagram photos and videos

 

おわり。