みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

CDはグッズ化しているという話と、初めてポータブルCDプレイヤーを買った話

ポータブルCDプレーヤーを買いました。

f:id:s_awa:20170830104544j:plain

我が家はにはCDプレーヤーがありません。ずっと前はMDコンポがあったけど、なんか引っ越しの時に捨てた気がする。

最近はめっきり買う機会は減ったけど、それでもCDを買うのは好きで、好きなアーティストのCDは買うし、対バンした人でよかった人のCDあれば物販で買うことも多々。それで最近はCDを聞くのはほとんど車で走る時ばっかりだったのだけど、やっぱり真剣に聞きたいときもあって、どうしようかと悩んでいたのでありました。

しばらくコンポ買おうかと思っていろいろ調べていたんだけど、なんかどこに置くかとか、どれくらいの音量で流せるかとかいろいろ考えてたら億劫になってきて、結局ポータブルプレイヤーを買いました。

 

iPodとかデジタルプレーヤーが出た時は本当に画期的だと思って、持っているCDをばんばん取り込んで、いつでも好きな曲が聴けるーなんて喜んでいたのに、今となってはCDを取り込んで同期するのが面倒くさいという。直接CDを入れて聴けるのが便利に感じてしまうという変な感じよ。昔、会社の音楽好きな先輩がポータブルCDプレイヤーを使っていて、どうしてiPodとかにしないんですか?って聞いたら「買ったCDを帰り道にすぐ聴けるのがいいんだよ」って言っていたんだけど、今まさにそこにたどり着いた感じよね。音源を手間をかけずに最短ルートで聞きたい。そうなるとCDプレーヤーかmp3をダウンロードするかになってくるわけだ。

 

話は変わるけど、先日、音楽業界で働いている方とお話をする機会をいただいた。前からネット上ではいろいろお世話になっていて、よく知っている(というとなんか変だけど)方だったんだけど、昔はバンドをやっていたっていうことでいろいろアドバイスをいただいたり、面白い話を伺った。

そこで出たのは、最近のバンドに大切なのはライブ力だっていう話。あとCDはもうグッズと同じような扱いになりつつあるという話。レコード店(こういう言い方ももはや古いのかもね)でのセールスは落ちてるけど、ライブの物販ではCDも売れるんだって。全体のセールス枚数はやっぱり落ちてるのは事実だけど、逆にフェスとかライブシーンは盛り上がってるらしい。なるどほねー。これだけ流通網が進化して、ダウンロードでも買えるし、CDだってポチった当日に届いちゃったりする時代なのに、変な感じだ。ライブだって、極端に言えば、すぐYouTubeにアップされるし、わざわざ遠いところまで見に行かなくても済むしね。人は自由で便利すぎるとだんだん興味を失っちゃうんだろうか。

 

別に懐古厨なわけじゃないけど、だんだんよく分からなくなってくるよね。わたしはライブが好き。見るのも好きだし、もちろん自分もライブをするのが好き。あの現場の熱量っていうのはやっぱり現場でしかないものだからね。CDも好き。だけどデジタルコンテンツにお金を払うことにも抵抗ないから、ダウンロードで買っちゃうことも多いけど。CDのジャケットとか、歌詞カードの質感とか、そういうのが好き。別に特典とかオマケはいらないんだけどなー。

だけどYouTubeもよく見るね。好きだけどなかなかライブに行けないバンドとかアーティストの映像があると嬉しい。どっちがいいとかじゃないけどね。よくわかんないね。

 

うーん。なんかまとめようとしたけど、まとまんないわ。でもなんか、繋がってる気がするんだよね、全部。

 

おわり。