みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を見て、ひたすら号泣した人のただの感想文

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い、を見ました。

 

911同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

 

なんかとりあえずタイトルで気になってたんだけど、サムネ?パッケージ?の絵が怖くてなんか見るのを躊躇っておりました。

が、なんとなく見て見たら、めちゃんこ泣いた。久しぶりにおうおうと泣いた。今回はただの感想しか書けない。映画の作りとかもう見てないもん。

 

トーリーはあらすじの通りで、9.11でパパが亡くなってしまうのだけど、息子のオスカーはなかなかそれを受け入れられずに一年過ごすわけよ。そして、パパの部屋で古い鍵を見つけるのね。

オスカーはちょっと発達障害気味なところがあって、こだわりが強かったり、人との関わりを持つのが苦手なところがあるんだけど、学者気質で決めたことはとことんやり抜くような一面もあるのね。それを知ってるパパは、調査探検と称して2人でいろんなことを探したり研究したりするわけ。パパは調査探検を通してオスカーを外の世界と関わらせようとしてたのだ。

それで、鍵を見つけたオスカーは、ひとりで調査探検を始めるわけ。鍵にあう鍵穴を見つけたら、そこにパパからのメッセージがあるんじゃないかって思って。

 

さてさて、あらすじに書くと単純ではあるけれど、このオスカーの一途さというか、苦手なことを目的のために克服していこうとする様が泣ける。まずここで泣いた。全わたしが泣いた。無くしてしまったもの、それも意図せず突如として失ってしまったものに対して、折り合いをつけるべく少年は挑むんだよね。無謀で答えがあるかも分からない、鍵穴探しに挑むわけよ。

 

途中でいろんな人が出てくる。名前がブラックの人たち以外にも、いろんな人が出てくる。みんななにかを失ってしまっていて、だんだん鍵穴探しがみんなの希望みたいに見えてくる。だけどそう簡単に鍵穴は見つからない。

 

以下ネタバレ。

 

 

 

結局、鍵はパパのものではなかったけど、誰かの大事なものだった。オスカーの調査探検で、いろいろな人が救われたのだなぁと思った。よくよく考えれば、突然の事故でパパは亡くなってしまったのだから、鍵はもともとメッセージでも何でもないって分かったかもしれない、けど、それでも探すことに意味があったんだろうなぁという感じ。途中、ところどころオスカーが告白していく場面ではもれなく号泣した。幼いながらに色んなものを背負って、だから調査探検を辞めないだなって、泣ける。マジで泣ける。

 

誰しもが失ったものを埋めようとしていたり、欠けたところを無意識に求めてるのかもしれなくて、そういう部分をオスカー少年の一途さが結びつけたのかもね。要するに愛を発見したんだろう。はー、何回も言うけど泣ける。

 

タイトルについてはいろいろな解釈があるみたいだけど、わたしは単純に、オスカーが多くの人に触れて、人というものについて「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と感じたんだろうなと思った。オスカーが尋ねた人たちは、みんなお喋りで自分のことを話したがった。たぶんオスカーを慰めようとしたんだろうけど、きっとみんな話したかったんだろうな、自分のストーリーを。だから、ものすごくうるさい。みんなよくしゃべるから。ありえないほど近いも似たような感じで、いきなり鍵穴を探してるって尋ねてきた少年に、どの人もだいたいすごく優しくしてくれる。まぁそれはママのおかげだったりするんだけど。みんなありえないほど近い距離感で接してくれる。人間ってそういうものなんだなって、きっと彼は感じたんじゃなかろうか。

 

なんでこんなに泣きまくったかって、やっぱり自分がどこかオスカーに重なる部分があるし、重なる部分があるからこそ、がむしゃらに探し続けるオスカーにわたしも心動かされたのかもかも。欠けたもの、失くしたもの、欲していてもなかなかあそこまで突き進まないもんな。大人になったからかな。そして見つけるには、自分で探すしかないんだよねー、あと答えはないし、見つかるのは物であるとは限らない、そんなお話しなのかな。

 

はー、ほんと、泣いた。また見たい映画だ。

 

おわり。