みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

バンドがやりたいけど超ビビってる人の暗い駄文

バンドがやりたくて、バンドメンバーを探しているんだけど、どうも積極的になれない。なぜなら超ビビってるからだ。

 

ベースをやり始めたのが大人になってからだったから、とにかくバンドメンバー探しにはいつも苦労して来た。学校の部活やサークルみたいに友達がたくさんいる中からメンバーを探せたら楽しいんだろうなぁと想像するけど、まぁ始めたのが遅かったんだから仕方ない。それはどうしようもできない。それで、最初の頃メンバーを探すとしたらネットしかなくてひたすらネットでメンバーを探してはいろいろなバンドを渡り歩き、入ったり辞めたり。セッションに行ってみたりいろいろやりましたがなかなか続かなかった。唯一、ひとつだけ何年も続けてたのがBase Ball Bearのコピバンだったけど今はやっていない。みんな大人になると家庭ができたりするし、転勤になったりするもんね。

 

それで、いつも「辞めます」っていうのは、言う方も言われる方もガッカリするしダメージ受けるよね。特にオリジナルやろうと思って始めてから既に2回も「辞めます」をくらっていて、わたしはかなりナーバスになってるのである。

 

1回目は、ずっとコピバンだったバンドでオリジナルをやろうって話し始めたらダメになってしまった。辞めますって言われたわけじゃないけど、フェードアウトね。コピーは楽しかったけど、オリジナルには向いてなかったのかもしれない。次はオリジナルをやるつもりで集まったんだけど、いきなり辞めますをくらってこれがかなり効いた。どっかーん。だね。

 

それで、いつもお世話になってるライブバーのマスターはこの様子をずっと知っていて、バンドとして動いてない時も弾き語りで出させてもらってるからいろいろ話したりするんだけど、この前「あなたはそういう人を引きつけるというか、自分からそういう人を無意識に選んでるんじゃない?」と言われて確かにそうかもなと思った。マスターに言わせれば、わたしが連れてきたメンバーで辞めてしまった人は、いつも同じ「系統」の人らしい。自分ではそんなことは考えてもみなかったけど。

また別のところでも「優しくすればするほど、相手は関係性に親子関係を投影するから、結果的に相手は優しさの量だけ仇を返さなければならなくなる」と言われて、ははぁーと思った。

それで、結局はわたしが自分自身の態度を客観的にみられるようにならないと、どんな人が来てくれても上手くいかないんじゃないかなぁと思ってビビってる。かなりビビってる。

 

そういう意味では、ひとりでやれば気楽なんだろうけど、どうしてもバンドがやりたいんだよなぁ。バンド、楽しいんだよなぁーーーー。

大人になってもバンドをやるって思った以上に難しいんだなぁ。もんもん。

 

 

などという話し 。

わたしのバンドでギター弾いてくれる人いたらぜひお願いします(笑)

 

おわり。