みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

ツイキャスとSHOWROOM、どちらも配信してみて分かったこと

だいぶご無沙汰しておりました。何をしてたかっていうと、SHOWROOMというアプリで配信しまくっておりました。そこでですね、このアプリがどんなものか体感してわかったことを、ツイキャスと比較してまとめたいと思います。

 

TwitCasting - Stream Live Video on Twitter and Facebook

TwitCasting(ツイットキャスティング)は、モイ株式会社が運営する、iPhoneAndroid端末、PCなどから手軽にライブ配信を行えるサービスである。通称は、「ツイキャス」や、「CAS(キャス)」など。芸能人や企業による配信も行われている。

 

SHOWROOM

SHOWROOM(ショールーム)は、SHOWROOM株式会社が運営する、iOSAndroid端末、PCからライブ配信および視聴を行えるストリーミングサービスである。

 

説明はどちらもWikiから引用。生配信といえばニコ生とかツイキャスが有名かと思うんだけど、ニコ生はやったことがないので説明できないからこの2つの比較を書いてみたいと思います。

 

アプリなしでも視聴はできるツイキャス、アプリがないと視聴もできないSHOWROOM

 

まず、見てみよう!と思ったときにつまづくのはこれだー。どちらもPCだったらブラウザからみられるんだけど、問題はスマホなどで視聴するとき。ツイキャスはとりあえず放送されてるものを見るだけならアプリは不要。ただ、コメントなどが見られないので、置いてきぼり感はいなめない(笑) 対してSHOWROOMは視聴するだけでもアプリのインストールが必要。わたしはまずここで壁が高かったなー。よっぽど気になる人が配信をしていない限り、わざわざアプリをダウンロードしてまで見るのはなかなかハードルが高い。

 

 

現金化、というキーワード

ぶっちゃけ、わたしはSHOWROOMのイメージが良くなかった。なぜかというと、SHOWROOMは視聴者からもらったポイントを実際に現金化して得ることができるからだ。だからなんとなく、配信する=お金を無心してるようなイメージがあったからね。しかし実際にアプリを入れてやってみると、そんなに現金化という点は重要でない気がして来た。ちなみに、SHOWROOMは有料ギフトの何割かを配信者が現金としてもらえるが、それにはいろいろな条件があったりして、なかなか配信でお金を得るのは難しいことだとやってみて分かった。

ちなみに、ツイキャスはギフトを有料で購入することができるが、それで配信者に直接利益がでるような仕組みはありません。

 

録画できるか否か

これは単純な問題で、ツイキャスは配信後に録画を保存するかしないか選べる。保存された録画は、生放送を見逃した人も視聴できる。これはすごいメリットだ。対してSHOWROOMは録画機能はない。

 

SHOWROOMのほうが顔映りがいい気がする

これは気のせいかもしれないけど、ツイキャスアプリで配信するより、SHOWROOMアプリで配信する時の方が、なんだか顔映りがいい気がする。具体的には、明るく写る、コントラストが低い気がする、あとは解像度も高い気がする。ただこれは気のせいかも。

 

SHOWROOMの最大の特徴は、イベントじゃね?

f:id:s_awa:20170309175654j:image

SHOWROOMには、イベントというものがある。こんな感じで、食べ物がもらえるものから、ライブやファッションショーのステージ出演権をかけたものまで様々ある。視聴者からのギフトやコメントがポイントとして計算され、ポイントをたくさん得た配信者がその権利をゲットするというもの。

これがSHOWROOMのキモなのかなと思った。つまり、自分が応援している(推してる)子を、自分たちの力でステージに立たせたり、夢を叶えさせてあげることができるのだ。

 

SHOWROOMには「誰かを応援したい」人たちが集まっている

SHOWROOMのイベントという制度、そして、48グループなどアイドルさんたちの配信が多いこともあって、「気に入った子を応援してあげたい」という気持ちの人が視聴者に多い気がする。あと、同じ人を推してる人同士のチームワークもすごい。これはツイキャスにはない空気感で驚いた。ただし、視聴者の人たちは夢を追う少女たちに対して目が肥えているので、生半可な気合いでは難しい、というのも同時に感じたところです。

 

SHOWROOMは誰が見てるか、見えにくい

SHOWROOMはステージ風の配信画面になっていて、視聴者はアバターになって現れるんだけど、このアバターは視聴者が他の配信に移動してしまっても残り続ける。視聴人数も表示されるけれど、これは総数なので、今実際に見ているアクティブな視聴者がどれくらいいるかが分からない。これはやっていてちょっと困ったところだった。あと、会員登録していない人はアバターが表示されないので、結局はやっぱりよく分からない。

ツイキャスは、誰が見ているかは分からないけど、今見ている視聴者の「人数」はリアルタイムでわかる。これは、まだ視聴者が少ない初心者にとっては大きな違いに感じられました。

 

そもそも視聴している層が違う

そんじゃぁどっちがいいのかなって話になりますけれども、そもそも視聴している層が違うので、そこらへんが分かれ目かなと思いました。ツイキャスは比較的、若者が多い印象。SHOWROOMは大人が多い印象。

あと、配信する側も、ツイキャスは割となんでもありな感じで自由。カテゴリも配信のたびに変えられるし。対してSHOWROOMは、アイドル、ミュージックなどカテゴリは固定で、何かを目指してやっている人が多い印象。あとは配信者は圧倒的に女性が多い。

 

気軽に配信を楽しみたいならツイキャス、夢のために配信を利用したいならSHOWROOMかな

というのがわたしが実際に使ってみての印象です。ツイキャスは気軽にできるし、特定のユーザー同士の小さなコミュニティで楽しむのもよい。あとはコラボ機能があって、配信上で複数人で会話できたりするのも楽しい。

SHOWROOMは、アイドルを筆頭に、音楽や声優など、やりたいことがあってそのために配信を利用したい人に向いている印象。イベントで夢を掴むことができるかもしれないチャンスがあるし、そういう人を応援したい人が視聴者に多いという土壌もある。ただし、なんとなく配信してお金をもらいたい、みたいなのは通用しないだろうなと感じた。雑談系で人気の配信者さんもいるけど、人気になるには雑談にしても雑談のスキルが問われるし、なんとなくやっていてもなかなか実を結ぶのは難しいのではと思いました。

 

そんな感じで、どちらもよいところがありますね。という月並みな終わり方(笑)

 

 

おしまい。