読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

ぐちぐちと書いている

ただいま心の筋トレ中。

 

認めたくないことを認めるのはつらい。認めたくなさすぎて、ガチで気がついていないこともあって、そういうことがボロボロ出てくるのはとても怖い。なんとなく描いていた自画像も、本当は理想で味付けされたものだったのかもしれんなぁと思う。でもそうやってしか生き残ることができなかったのも事実だと思いたい。

 

人間、100%善か悪かに分けられるものではなくて、みんなマーブル模様なんだよ、グレーではなくて、マーブルだと思う。「責任はイーブンだよ」と言われて、別に100%責任を負う必要はないよと言われた。行き場のない「結果」に対して、誰も100%責められないんだとしたら、自分が100%受け止めるしかないのかと思っていたけど、そうしなくていいんだって。そしたらこの行き場のないものはどこへ置けばいいんだろう。今それを考えている。ただ、それが、そこにあることを受容すること。思ったより難しい。自分は、自分が想像していたよりも、理想に縛られていたのかもしれないなぁ。希望と理想は何が違うんだろう。

 

上手くいかないことがたくさんあるけど、苦しいことを乗り越えたら、強くなれるらしい。乗り越えることとはなんだろう。心の筋トレだって。楽なことばかりしていても筋肉はつかないらしい。一度、破壊されて、また復活するときに強くなるんだって。筋肉も精神もそうらしい。どうして認めることは苦しく辛いんだろう。よく分からない。とにかく、わかりません、って、自分の気持ちなのに、自分の行動なのに、どうしてか分かりませんって答えることばかり。たぶん、認めたくなくて遠くへ閉まってあるのか、はたまた、言葉にできないとか、言葉にすることが怖いとか、そんなことなのかなぁ。だんだん何を書いてるか分からなくなってきた。

 

それで、意味があることをしているという実感はあって、恐れと、イーブンなのだ。せめぎ合ってる。怖いし苦痛だけど、もう逃げられないところまで来たんだって思っている。もう見ないままではいられないんだなぁって。なかば、諦めているし、いつかはこういう日が来るんだろうなって頭のどこかではわかっていたのだと思う。全力で走って逃げていたけど、とうとう逃げきれなくなってしまった。でも、もしかしたら、走らなくてもハッピーに生きていけるようになるのかもしれない。それは分からないけど。

 

おわり。