読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

「イミテーションゲーム」をみた(めっちゃ短い感想文)

 

 

第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。劣勢だったイギリスの勝利に貢献し、その後コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれた英雄にもかかわらず、戦後悲劇の運命をたどったチューリングを、ベネディクト・カンバーバッチが熱演する。監督は『ヘッドハンター』などのモルテン・ティルドゥム。キーラ・ナイトレイをはじめ、『イノセント・ガーデン』などのマシュー・グード、『裏切りのサーカス』などのマーク・ストロングら実力派が共演。

第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリングベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

 

 

これを見ました。とても面白かった。

これが実話を基にした物語というのだから、なんとも興味深い。

 

主人公は、いかにも発達障害という感じで、天才的なんだけども、人の心が分からない。彼なりに真摯に、正直に思いやりを持って生きるんだけど、少し悲しい終わりになる。

映画はとても面白いよ。ほんとによい。

 

なんかさ、みんな、生き方って誰に教わるんだろう。この映画では主人公の学校生活の描写はあるけど家族の描写は出てこない。大人になれば、こういう時はこういえばいいとか、こう振る舞えばいいとわかるようになるけど、それは自然になるわけじゃないよね。誰にどうやって教えてもらうんだろう。教えてもらえなかった人は、ひとつひとつ体当たりして手探りしながら生きていくしかないのかなぁ。わたしも教えてほしかったな。

 

 

おわり。