みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

許すことは難しい

許すというのは、あらゆる感情の中で一番難易度が高いやつだと思う。

 

この前「他人に許しを求めても難しい。まずは自分で自分を許さなくては」と言われて、それからぐるぐる考えている。

わたしはたぶん、愛されたいというか、許されたいのだと思う。あと、やり直したい。昔のわたしを許してほしい。でも誰に許してほしいかっていうと分からないんだよなぁ。実際の誰かという訳ではない。というか、現実的にはもう諦めていて、わたしはもう考えたくもないんだけど、そのまま閉まっておいてもダメらしい。ダメだったからこうなってんだけど。自分で自分を許すっていうのはとてもハードルが高い。

 

わたしこんなんだけど、実は美に対する嫉妬心っていうのが案外あることに最近気がついたのね。かわいいは正義っていうか、美によるアドバンテージよね。正直、わたしは見た目が良かったら人生イージーモードじゃね?と思ってた訳よ。

そんで、昔から比べたら10キロくらい痩せて、服のサイズはSになり、ウエスト58のスキニーパンツを履き(ただしバストサイズは2サイズダウン!残念!)、10代に比べればニキビもないし二重にもなったし、まぁ癖毛もアイロンによりストレートにできるしね、そこそこになったと思うわけよ。これ以上は整形だからもういいかなみたいな。中の下ぐらいにはなっただろ、という。

で、だよ、でもね、そんなに人生変わんないね。なにもイージーにならないね。美人に嫉妬してたわたしを恥じるわ。それともハイパー美人になれば何か変わるんかな。

 

そんなこんなで、何もかもが「結果、これかよ!」状態なのである。なんか30代の目標がなんも生かされてないよねー。ちーん。

 

以上。