読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

ソロモンの偽証を見た(すっげー薄い感想)

 ソロモンの偽証を見ました。

 

あらすじ。

クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止めようともせず、生徒たちをも守ろうとしない教師たちを見限り、一人の女子生徒が立ち上がる。彼女は学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。

 

小説は読んでないよ。 以下、感想ー。

 

たぶん、小説はおもしろいんじゃないかなと思いました。映画もスリリングで面白いんだけど、なんかしょっぱなから神原くんがもろに怪しいし、すごくわかりやすくて、ミステリーというかほんとあれね、人間模様よね。これちょっと物足りなく感じてしまうのは、最近わたしが海外ドラマと80年代のコロコロ人が死ぬ映画を見すぎてるからだと思う。

誰かの感想で「人が死ぬ中学生日記」って書いてあって、あーなるほどね、と思いました。ほんと、中学生日記だね。

面白かったんだけど、最後なんか清々しく終わってるのがなんか後味悪くて、それがモヤっとしてたんだけど、たぶん、正義感バリバリな人たちの自己満足にちょっとお腹いっぱいになったのかも。そういえば中学生日記すごい苦手だった。それでも最後まで面白く見られたのは、主人公の女の子の役者さんの存在感がすごく役にあってたのかなと思う。ね。

映画だけ見てると、柏木くんが完全に厨二病をこじらせまくった結果こんなことになりました的な感じで、そのへんももっと小説なら書いてあるのかなぁ。ミステリーっていうくくりだから、人間関係とのバランスが難しいのかもしれないね。

 

でも結構おもしろかったよ。かなしいけど。

 

おわり。