みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

なぜバンドマンはバンドマンにライブ告知のメッセージをするのか(アチュアバンドのライブのコスパについて)

もう言うまでもないけど、わたしは対人関係が苦手なのだよ。日本語あってるか分からないけど。それで近頃は年長者のパワーゲームに巻き込まれることがちらほらあってとても疲弊している。が、よく考えればこれは想定内の事態なのだ。

 

ここからはとりとめなく書くけど、ほとんど愚痴。

 

わたしはプロのミュージシャン(アーティスト?)のライブも行くし、アマチュアのライブも行くし、自分もライブに出る人間なのだよね。なんか書いてていきなり定義が微妙だなと思ったけどそれは置いといて、プロはいわゆるメジャーで契約してやってる人、アマチュアは無所属でコピーバンドからオリジナルまで含む、ってことでここからは書くね。それでね、ずっと疑問だったんだけど、アマチュアのライブってお客さんもだいたい同じアマチュアのバンドマンなのよね。プロのライブにたくさん行ってる音楽好きの人たちって、全然アマチュアのライブには来ないんだよね。それが不思議だったのね、わたしとしては。自分がライブやってて来てくれる人って、同じバンドマンまたは音楽にそんなに深くは興味ないみたいな友だちなんだよね。そしてわたしの元に届くバンドマンからのライブのお誘いメッセージのプレッシャーたるや。みんなわたしが子持ちだって忘れてない?(笑)

でもやっと謎が解けて理由がわかった。非常に簡単なことだよ、アマチュアのライブはコスパがよくないんだ。ある意味では当たり前だけども。プロのライブチケットが例えば4000円だったとして、2時間やってくれたら1時間あたり2000円だよ。クオリティも高い。楽しい。素晴らしい。片やアマチュアのライブ、チケット代はいろいろあるけどわたしがよく出させてもらってるところは1ドリンクつき2000円、出演時間は自由(笑)だけど、だいたいみんな30分だよね。そしたら1時間あたりにしたら4000円だよ。クオリティは人によるけど、プロのライブより高くつくってことじゃんね。ブッキングライブなら他の出演者にいい人いるかもって可能性もあるけど、とにもかくにも全く知らないバンドの曲を何時間も聞くのが楽しい場合の方が少ないよね、たぶん。そしたら、アマチュアのライブはコスパ悪いよねぇ。それなら同じお金でプロのライブに行くよねぇ。となると、バンドマンが格下のバンドマンを呼んで動員を稼ごうとするのも必然だよねぇ。なるほどねぇ。という。今更ながら思いました。アマチュアのライブはコスパが悪い。

 

 そこで思い出したんだけど、わたし前にこんなエントリを書いてました。

「作る人」になることと、虚構の問題について(結論はない) - にっきちょう

乱暴に要約すると、わたしはライブで音楽を提供しているのであって、わたしは永遠にあなたとは恋愛関係にはなりません、という内容(笑)

でもさ、アマチュアのライブに行くのが好きな人っているじゃん、やっぱ。あとインディーズが好きな人。わたしあれって青田買いというか、投資するのが楽しいからやってるのかと思ってたけど、コスパ論からいくと、それもあるけど、それだけでないのがやっぱり正解なのかもと思った。純粋にいい音楽だけを求めてたらプロのライブに行くわけで、あえて未完成なものとか未熟なものに大きなコストと時間をかける理由ってなんか、なんかね、うまく言えないけど。それでさ、ライブバーとかブッキングライブがそういう仕組みになってるから、例えばチケット代をもっと下げるとかは出来ないし、仮に出来てもものすごく赤字になってバンド続かなくなるわけよね。同じチケット代で演奏時間を長くやるっていうのもこれまた仕組み的に難しいし、なんか知らないけどだいたいブッキングライブって持ち時間が30分前後なんだよね。そのへんはなんかすぐに変革できるものでもないし。となると我々アマチュアバンドはライブのコスパを下げられないということになるよね。そしたら、その「余分に払ってもらった分」に対して、わたしは何ができるのかなぁとか思ってしまう。例えば、物販で握手するとかさぁ、ライブのあとに楽しくトークするとかね、なんかそういう付加価値をみんな求めてるのかもしれないよね。それはやむ終えないのかもしれないと思った。あのエントリを書いた時はそういうことまで見えてなかったなぁ。うーん。

 

基本的にはわたしは人のライブ見るの好きだからプロもアマチュアも関係なく行ければ行きたい系だけど、でもそれはわたしが楽器をやっててバンドをやってるからであって、そうでなかったらもはや果てしなく面倒でコスパの悪い娯楽ってことになるのかなぁ。そうすると、なにがどうなったら、アマチュアバンドの永久ループから抜け出せるんだろうか。もうあれでしょ、ライブハウスにスカウトマンが来てライブの後に名刺渡されるなんて都市伝説でしょ?(笑) 事務所に所属したいならデモテープ送るし、何なら活動はインターネットだけで、ひたすら再生回数だけを追いかけるみたいな話にもなっちゃうよね。極論だけど。そういえば、昔の学校の先生に「極論いっちゃえば」が口癖の先生がいたな。わたしも最近なんか極論ばっか。もしかして先回りして諦め思考なのかなぁ。むむむ。

 

そんなわけで、今日ももやりもやりと考えています。やっぱり作ったら届けたいわけじゃん。届けたいっていうか、手ごたえとか承認が欲しいわけで、しかもそれを半径5メートルより外側でお願いしたいという、ただのワガママです。

 

おわり。もんもん。