読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

スネオヘアーの魅力について勝手に熱く語る


冬の翼@Zepp Tokyo

 

えっとですね、わたしはスネオヘアーがめちゃくちゃ好きで、たぶんこれまでの人生でいちばんライブに行ったアーティストだと思うんですけれども、スネオヘアーのなかの曲でどれが一番いいかって言われたら「インディーズ版の冬の翼」と答える面倒臭い人間なのであります。

 

スネオヘアーSUNEOHAIR1971年5月6日 - )は、日本ミュージシャン俳優プロデューサー。本名、渡辺健二(わたなべ けんじ)。略称は「スネオ」または「スネヘア」。

新潟県長岡市出身。渡辺健二による一人プロジェクト。所属レーベルはキングレコードキング アミューズメント クリエイティブ本部)。血液型はO型。身長168cm。妻は女優ともさかりえ

恒例のウィキ先生からの引用。スネオヘアーの何が好きかを説明しよう。誰にも求められてないけど。

 

声がめっちゃいい

わたしは基本的に歌声が好みだと好きになっちゃうことが多いのね。コロっとね。健二(スネオヘアーって書くの面倒だから健二って呼ぶ)は声がいい。最高にいい。


Communication

鬼のようにマイナーな曲貼るけど(笑)「コミュニケーション」いい曲。めっちゃいい声。

 

シンプルなのにメロディアス、あと詩的な歌詞

乾いた唇から

見え透いた台詞甘く

久しぶりの電話

沈黙と話していたよ


Suneohair - Ivory

健二の歌詞ってすごいと思うのよね、ほんと。なんていうの、ストレートじゃないんだけど、小難しい言葉でごまかしてるわけでもなくて、絶妙な言葉選びだと思うのね。そしてそれをシンプルなコードでメロディアスに歌うんだよ。すごい。すばらしい。だいすき。(うるさい)アイボリーめっちゃ好きだなぁ。

 

そこはかとなく漂う負のオーラ

これは全力で褒めてるからね?(笑) こうね、なんか幸薄い感じなんだよ。それがたまらなくよい。とくに前妻と揉めてた頃のライブなんかマジでやばかった。あのヒリヒリ感。ギリギリのところでやってます感。ライブのクオリティだけで言ったらもっとすごいアーティストはたくさんいるんだと思うんだけど、なんかこう本人のギリギリ感が伝わって目が離せないというか。そういう感じがたまんないんだよー。いい感じのライブ映像がお見せできなくて残念。

 


スネオヘアー - 現在位置

 

 

個人的感想

わたしは上京してからはもうありとあらゆるイベントやライブに通いまくったんだけど(なんかライブ後にちょっと飲んでから帰ってたら、ライブハウスの前で出くわして出待ちみたいになって握手してもらったりした)、わたしとしては前妻と揉めていたあたりがピークで(こら)、女優さんと結婚してからのハッピーオーラがヤバくて見に行けなくなってしまいました。ちーん。なんというかこう、ピリピリする感じがもうなくなっちゃったんだと思う。それは本人に不幸でいてくれって言ってるような感じもしてわたしもなんか気が引けてしまったし。(なんか変だなこれ・・・)

ファンクラブ入ってたからたまにお手紙届くんだけど、イベントなどしている健二さんはお元気でしょうか・・・。最近の健二をご覧になった方はぜひご一報ください(笑)

あとさ、思うんだけど、こういう一人のアーティストって楽器を誰が弾くかで全然違う曲みたいになっちゃうよね。いわゆるサポートが誰かってやつよね。バンドと同じで見てる方にも「この人と一緒の時がいいな」みたいなのがあって、わたしとしては完璧すぎるものよりも、健二の焦燥感みたいなものに同じ温度で演奏してくれる人がいいんだよなー。ってもはや何を言っているのか自分でもわからないけれども。わたし少し欠けたものとかが好きで、完璧すぎるものは見ていて飽きちゃうんだよね。なんかこう目が離せないくらいギリギリなものの方が心に響くじゃん。こういうこと言ってるからダメなんだろうけど。

 

そんなわけで話が逸れましたけれども、健二めっちゃいいです。みんなCDを買って、健二を応援しよう!(誰だ)

 

スネオヘアー Official Website

 


ワルツ@Zepp Tokyo