みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

発言の裏にあるものを考え続けることのしんどさ。(人は試しちゃだめだよね)

 

これを読んで、うおお、わかるーとなってしまった。発達障害かどうかは抜きにしても、こういう発言で困った体験はみんなにあるんじゃなかろうか。

 

わたしが困ったのは会社で言われる「体調悪いなら自分から言いなさい」だった。

わたしはそんなつもりはないし、体調悪くないんだけど、見た目が不機嫌そうだったり、なんか怒ってるように見えるらしい。そしてそれを直接的には言いづらいからか、

 

この子不機嫌そう。まわりの空気悪くなってる。

→不機嫌を直して欲しい。

→直接的には言いづらい。

→体調悪いなら周りも寛容になれる。

→「体調悪いなら自分から言いなさい」

 

だったみたい。わたしはそもそも不機嫌なつもりはなかったし、体調も悪くなかったから、なんでそんなに何回も言われるのか分からなくてずっと「???」だったし、言われるたびにたぶん何かわたしは気づかないうちに悪いことしてるんだろうなと思って凹んでた。

 

で、近しい先輩に相談して、先輩も言いづらそうにしてたけど事態を理解したという感じです。このとき教えてくれた先輩には感謝しているです。ずっと入社してからわたしを面倒見てくれた先輩だったから、わたしのことよく分かってくれてた。

 

それで、じゃぁどうしよう、ってなって、結局はメイクを変えることで解決しました。眉を太めの下げ眉にして、アイメイクもブラウンからピンクに変更。チークもピーチ系にして、あと顔色よく見えるようにハイライト入れるようにした。あと口紅もね、ちゃんとした。そしたら、それ以来これをいわれることはなくなりました。別に挙動は変わってないのにね。不思議、不思議。顔の印象っていうのは大事なんだね。

 

こういう「自分で考えて問題を見つけない」系って、実はその発言をしている人にとっては既に「模範解答」があって、それに辿り着けないと結局ずっと言われ続けるんだよね。そんで、言われてる方は結構分からないんだよ。だってわたしはあなたじゃないしね。自分で考えなさい、っていうときは、どんなレスポンスがあっても許せるときしか使っちゃダメだと思うんだよね。じゃなかったら直接的に教えて欲しい。わたしの場合だったら「もっと親しみやすいメイクに変えてみたら? その方が後輩も話しかけやすいよ」とか、そんな感じに言ってくれればよかったなーと思うなぁ。一度この「わたしの言葉の裏を読みなさい」系をやられると、そのあとずっとその人の発言を素直に受け止められなくなってしまうんだー。何を言われても「ここでこう言われたのは、どういう意図なんだろう?」とか思ってしまって、褒められても素直になれないっていうか。

 

で、わたしも子育てとか人間関係において「わたしの意見を汲みなさい」をやらないように心がけてます。謎かけはしない。思ったことは素直に言う。相手を試すようなことはしない。試されるのって本当に疲れるし傷つくよね。

 

 

そんなかんじ。

 

 

おわり。