読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

人間関係のパワーバランスが変化するときこそ自分を問われるんじゃないの

なんかちょっとモヤモヤしていることがあるので、今日はダラダラ書きたいと思います。書くか迷ったけど、このブログは正直に書こうと決めたし、まぁいいじゃん。ダラダラ書くよ。

 

わたしは何人かでやるチームプレーのとき、自分が一生懸命やってるときに限って「あれ、なんでみんなバラバラになっちゃうの!?」「なんで上手くいかないの!?」みたいな、それまで上手くいってたと思ってたのにわたしがやる気出した途端なんか上手くいかなくなっちゃう、という事態が何回かあって、その度めっちゃ凹んでたのね。まぁ音楽とかバンドもだけど、それ以外でもね。あと、それとは別パターンで、そんなつもりなかったのに物凄い理想像を投影されて困る!みたいなこともあったのね。どっちもかなり精神的パワーを吸い取られるからもうヘットヘトになるわけよ。そしてどんどん人から離れるようになってしまうわけね。でも心の底から人が嫌いって訳ではなくて、最近はそのリスクが強くてなんか避けてるって感じ。やな大人だよ。

 

だがしかし、その原因がなんとなく分かった。正解かは知らないけど、なんとなく仕組みが分かって腑に落ちたのだよ! 聞いて聞いて! わたしは長年の接客業により染み付いた営業スマイル、背が低くて童顔な見た目(最近は老けてきたけどw)、自己評価の低さなどにより、非常に人に温和な印象を与えやすい。だがしかし、古い友人諸君はご存知のように中身は相当に捻くれているしかなりゴリゴリした人間なのである。そのギャップが良くなかったんだね。と思いました。

 

つまりさ、人間って、誰かと関係を作るときって無意識に自分より下が上かを決めるでしょ。人間関係のパワーバランスってか、カーストってかね。チームプレーのときは役割と上下関係がなんとなく決まるでしょ。仕事なんかはそれがハッキリしてるからいいけど、仕事以外の場合が厄介だ。前述の通り、わたしはパワーバランスの下位になりがちだった。それはわたしが相手に嫌われたくなくてそうしたのもあるからね、わざと下になろうとしてたんだね、無意識に。それでしばらくは上手くいくんだけど、わたしが安心してこの人たちとならもっと出来そう!とか思ってやる気を出すと、人間関係のパワーバランスが崩れてしまう訳だ! 今まで格下だと思ってた奴が急にシャシャッて来たらムカつくわな。それはそうだ。しかもわたしは妙に行動力があるからスイッチが入ったら早いのよね。そして好奇心旺盛だから何にでも顔を突っ込む。物凄い勢いで。だって知りたいんだもん。そこも問題だ。おいおい、下位の奴が急にいろんなことやりだしてムカつく!って訳だね。うんうん。そう考えると、今までの体験が全部説明つくんだよね。わたしが最初はネコかぶってたのが悪かったんだよ。

 

あと理想像を投影されるパターンも同じだね。長年の接客業で身につけた技法で人当たりが良いがために、理想像とわたしを混同してしまうのではないかな。うむ。わたしそんな善人じゃないし。それで相手をガッカリさせるのもなんか申し訳ないんだよね。パワーが減るよ。ほんと。

 

わたしはモヤモヤすることとか、人間関係でぶつかってしまったことがあると、相手の中身を想像しまくる癖があって、それもダメなところだと思うんだけど、出来るだけ自分も顧みていきたいと思うのよね。あと単純にタイミングが悪いだけのときもあるしね。楽しいときに一緒にいるのは簡単なのよ、苦しいときに一緒にいるのは難しいのよね。苦しいときほど本性が出るよね。ほんと、夫婦論かよ、みたいな(笑)

 

そういう訳で、わたしはこれから初対面でもズカズカ行きたいと思います(笑) そしてこれを読んでるみなさんには、わたしは決して善人ではないということを宣言しておきます。あと謎の行動力があるので、冗談が通じません。言われたことはマジでやっちゃうからな!

 

おわり。

あー、すっきりした。

 

 

 

あ、明日は横浜吉野町「こびとさん」で弾き語りするよ。ぜひ来てね。性格悪さ全開でお迎えします。