読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

音楽とインターネットの関係の究極系は岡崎体育だけど、それってもはや音楽なのか

近ごろ考えているのは、音楽とインターネットの関係についてなのだ。

私はもともとアートをやっていて(いや、あのね、またやるけどね。ほんと今は休んでるだけだし!)、アートてか写真というのはどうしてもインターネットでの発表はメインストリームではないような感じで、それはそれでジャンルとしては確立されているけど、日本では特に展示か写真集がやっぱりホンモノなのだよね。それは写真の性質上仕方ないことだし、写真にとってのインターネットはツールであってホンモノではないんだよな。あと、アートはそもそも販売という意味での市場はなかなか日本には馴染まないみたい。

その点、音楽は販売という意味ではもちろん市場があるし、インターネットでもホンモノを聴くことができる。ここでは、ライブか音源かって話はちょっと横に置いとくとしてね。それはまた別の問題だからね。

それで、私がインターネットをうまく使ってると思う音楽のアーティストは、まず「ゴールデンボンバー」そして「神聖かまってちゃん」だったのね。

女々しくて/ゴールデンボンバー PV - YouTube

言わずもがな、ゴールデンボンバーはニコニコで人気を博し、バンギャからの熱い支持を受けて今や日本全国に知れ渡ることとなるわけだ。前に記事を書いたけど、PVにいろんな仕掛けがあって、面白いのよね。ほんとうまい。エアーバンドだから成立しうるというのもあるかもしれん。

そして、最近は曲のフルバージョンを音質を落としてアップしてる。これって凄く賢いなと思ったのよ。よく公式では試聴版みたいな感じで曲の半分くらいでフェードアウトしていく動画あるじゃん。あれ私は凄く苦手なのだ。せっかく気持ち良く聞いてたのにー!なぜそこで止めるし!という。てか曲の後半がすごくいいこともあるのに、そこを聴かせないのは惜しいよね。そして違法アップロードが相次ぎ、そちらの再生数が伸びるという悪夢。

だったら最初から全部聴かせちゃって、本当にいい音質が欲しかったら買ってね、っていうやり方はかなり賢いと思う。

 

神聖かまってちゃん 「ロックンロールは鳴り止まないっ」 PV - YouTube

次は「神聖かまってちゃん」。これはちょっと特別枠的なところあるけど、とにかくニコ生だよね。の子のニコ生。初期はかなり過激だったらしいね。てか、楽曲もかなり刺激てきだけど。ニコ生見てる世代と、楽曲の刺さる世代がうまくマッチしてたのかな。いやもうなんだろ、これは上手く言葉で言えないが、クレイジーなのだよ、彼は。今もツイッターでガンガンツイキャスしてるし。すごいよ。別枠だよ、別枠。ものすごいメディアミックスだよ。

 

岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video - YouTube 

そして、近ごろ話題の「岡崎体育」。ほんとはゴールデンボンバー神聖かまってちゃんだけで記事を書こうと思ってたんだけど、そういえば岡崎体育を見ておかなきゃと思って見た。そしたら、なんか分かんなくなってきちゃったよ。とりあえずはみんなこのMV見るがよろし。

はい、見た? ちゃんと見た?

めちゃくちゃ面白いよね。面白い。笑える。ついでにこれも見るべし。

岡崎体育「家族構成」Music Video - YouTube

はい、これも面白いね。ほんとよくできてる。これはインターネットと音楽の融合の究極系だと思うよ。 音楽のオマケだった映像が、完全に音楽と映像の両方で成立するものになってる。

さて、ここで私は思ったのだ。これめちゃくちゃ面白いけど、この映像がなかったら成立しえない面白さだよね。試しに画面を見ないで音楽だけ聞いたら? ラジオでこの曲が流れてきたら? もしラジオで流れてきても、私はスルーしちゃうかも。

こうなってくると、映像や小道具を使うお笑い芸人に近くなってくるよね? 例えばフェスとかに岡崎体育が出るときはどうするんだろう。お笑い芸人みたいに、背後に映像出すことになるのかな? そうしないと面白さが伝わらないよね。ライブだったらもっと面白さあるのかな?

メジャーデビュー前に何枚もアルバム出してるみたいだけど、残念ながら他の曲はあまり聞くことができなかったので、かなり表面的な解釈になってしまったけど、この曲でメジャーデビューしたってことはこれから先なにをどう作っていくのか、ものすごいプレッシャーだよね。っていうか、次に何が来るか私はめっちゃ期待してる。

 

と、こんな感じ。結論なくてすんません。

今度は音楽とオシャレについて書きたいです。

 

おしまい。