みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

映画を考えるように、自分を考えるのが癖なんだ

前から知ってたけど、たぶんわたしは考えすぎ。

 

映画を見るのが好きなのだけど、ひらたく言えば難解な映画が好き。エンターテインメントとしての映画よりも、「これは一体何なんだろう」と思わせてくれる映画が好き。映画は写真芸術と違って、偶然の要素がない。すべてはコントロールされている。ゆえに、不必要なものは画面上になにひとつない。というのがわたしの基本的スタンス。だから、いい映画を見たら、その映画についてぐるぐると考える。映画を見たことによって沸き起こる感情、印象、そういったものはなぜ起こるのか。なにが、わたしを悲しくさせ、喜ばせ、時には怖がらせるのか。映画には映像と音と文字と時間の要素がある。そのどれかが、あるいは全てが、わたしにそれを与えているのだ。そして、それを発見し、言語化し、理解することで、また感動することができる。それが好きなのだ。

 

映画の外でも同じだ。何かしらの感情が生まれた時、それについて考える。とくにすぐに言葉にできない感情について、よく考える。この感情はなにか。感情はたいがいひとつではなくて、いろいろな要素が絡み合っている。これはなにか。なにがこれをわたしにもたらしたのか。映画のように要素は単純ではないし、自分というものの中を覗かなければならないから、なかなか難しい。時には人の助けを借りる。自分では見たくないものは見ないようにしてしまうから。そしてわたしが特に重要視しているのは、それを言語化することだ。言語にすることは、理解することであり、言葉で表すことができないと言ってしまうことは思考の放棄であると思う。だから、書く。ひとつずつ書く。小さなことから解いて、言葉にしていく。なんでそんなことをしたいか、それは知りたいことが山ほどあるし、自分のことを理解したいからだ。自分ほど、実態のなく、不確かで、移ろい易く、コントロール不可能なものはないと思う。だから知りたい。それだけなんですけどね。

 

人間というのは基本的に死ぬことについて考えないように出来ている。自分は死ぬのだ、ということを常に思っていたら、心安らかに生活することはできない。だから、誰しも、自分から自分が死ぬことを隠されている。それと同じで、わたしはわたしに隠し事をされているんじゃないかと思うことがある。思い出せないこと、分かってるけれど見ないようにしていること、そしてそのもの自体を意識させないようにされてると思う。だから、もう少し知りたい。隠されているものはなにか知りたい。もしかしたらわたしは物凄い悪人かもしれない。きっと受け入れられないから隠されているのだろう。

 

そんな感じ。知りたがりなんだよね。

 

おわり。

なぜお金の貸し借りは友情を壊すのか本当の理由

はじめに

わたしは専門家でもありませんし、その分野をきちんと勉強したわけでもありません。昔、お金のせいで、信頼していた人との関係を壊してしまいました。お金に困っていた友人に、わたしは返さなくていいからとお金を渡しました。その後、その人との関係は壊れてしまいました。お金だけが原因かは分かりませんが、あの時の行動がなにか大きなきっかけというか原因のひとつなきがして、いろいろな心理学を調べてみたり、心理士さんに相談しました。その中でわたし流に考えた、どうしてお金は友情を壊してしまうのかを書きます。

専門的に見たら間違っているところ、用語の解釈が違うところなどあるかもしれませんが、個人の体験を通した学びとして、誰かのお役に少しでも立てればいいなと言う気持ちからここに書きます。

 

エピソード

まず、事の発端となったエピソードについてです。ここは読み飛ばしてくれても構いません。

昔の話です。信頼している同性の友人がいました。知人の紹介で知り合いましたが、同じ目標に向かってがんばる仲間としていい関係を築いていきたいと思っていました。友人もわたしを慕ってくれていて、良好な関係であったと思います。

しかし、友人はいろいろな事情で、職を転々としたり、お金に困っていたのか夜中働くようになり、身体を悪くしてしまったりしていました。友人は、きちんと自分の住まいを構え、昼間の安定した仕事がしたい、と言っていました。わたしもそれがいいと思いました。

いろいろあって、友人は一人暮らしの部屋を借り、生活を始めました。いろいろなことが軌道に乗りそう、というときのこと、友人は自宅でボヤを起こしてしまったのです。規模は小さなもので怪我などもなかったそうですが、キッチンが焦げてしまったりで、火災保険が下りても、自腹で支払う分が数万円必要になったそうです。肩を落としてその話をする友人。お金がすぐに用意出来ないから大家さんに立て替えてもらった、お金を用意するためにまた夜中働かなくてはいけない、などと言う姿を見ていたら、いたたまれない気分になりました。たまたまその時、割とお金に余裕があったわたしは、その自腹で支払う分のお金をまるまる友人にあげました。返さなくていいからと。もともとお金を貸す時は返ってこなくてもいいと思う時だけにしようと思っていたので、そのように伝えました。友人はありがとう、ありがとうと感謝して去っていきました。これで友人の生活が立ち直ってくれればと思いました。

しかし、その後、友人との関係は壊れてしまいました。詳しい経緯は省きますが、だんだんと横暴な態度になり、影でわたしのことを悪くいうこともあったようです。最終的には、わたしのことをあらゆる面で非難して去っていきました。すべての連絡先はブロックされています。もちろんお金は帰って来ませんでした。

わたしは、このエピソードが非常にショッキングでした。友人のためを思ってお金を渡したはずが、感謝されるどころか、最後にはひどい言葉で非難される結果になってしまった。それから人との関わり方について、自分を振り返ることが増えました。

 

1 基本的に人は貸し借りを嫌う

例えば、会社の同僚たちと食事をするとき、いつも奢ろうとしてくる人がいたとします。最初はラッキーと思うかもしれません。優しいなと思うかもしれません。けれど、何度も何度もこれが続いていくと、今日はわたしが出すよ、いやわたしが…というやりとりが面倒になったり、いつも払ってもらって申し訳ないという気持ちが生まれてきたりするのではないでしょうか。基本的に人は貸し借りを嫌うそうです。例えばこの奢ってくれる人が明らかに目上の上司なら素直に奢ってもらうことが出来るかもしれません。しかし、同僚の場合はそうではないでしょう。つまり、対等な関係でいたい場合は、貸し借りはしてはいけないのです。特に、お金は目に見えるもので非常にわかりやすく「借り」を作ってしまいます。そのため、お金の貸し借りは特によくありません。

 

2 貸し借りは立場を変化させる

対等な関係であるはずの友人同士、そこにお金の貸し借りが発生した場合はどうなるのでしょうか。嫌々ながら貸した場合は除きます。その場合は、その時点で既に友情は崩壊し始めていると言えるからです。

貸した側は、信頼しているから貸す、返ってこなくてもいい、などと思って貸すでしょう。この人なら返ってこなくてもいいと思える。この人を助けたい。などと思うのではないでしょうか。

一方、借りた側です。借りた側は、貸してくれて優しい、ありがたい、助かった、などと貸してくれた人に感謝するでしょう。ところが、時間が経つにつれ、その感情は変化するそうです。

お金を借りる、その時点で、対等であった関係に上下が生まれてしまいます。貸した方にそのつもりが全くなくても、借りた人は、自分が下にいると無意識的に感じるようになるのだそうです。そして、だんだんとその状態(自分の立場が下)に居心地の悪さを覚えます。これまで対等だったのに、今は自分がしたにいる。

そこで、借りた側はどうするのか。貸した人の粗探しを始めるのです。貸した人の嫌なところ、欠点、ミス、そういったものを責めたり流布したりすることによって、貸した人の立場を下げ、自分と同じ位置にしようとするのです。これは、借りた人が意識的に自覚を持って行うのではなく、居心地の悪さを解消するために無意識に行ってしまうそうです。

貸した側にとっては青天の霹靂です。助けるために貸したつもりが、感謝されるどころかひどい対応を取られてしまう、しかもその理由が分からない。そうなればもう友情が長続きするのは難しくなってしまうでしょう。

 

3 貸して欲しいと頼む時と、そうでないとき

例えば、この本面白いから読んでみて!とか、このアーティストいいから聞いてみて!と本やCDを友人が貸してくれたとします。頼んだ訳でもないのに、ものを借りることににってしまうパターンです。面白いものを貸してくれて嬉しいなとか、優しいなとか思うかもしれません。

しかしこの時、同時に心理的プレッシャーも感じているのです。借りたからよまなければ、聞かなければ。そして基本的に人は借りたものは返したいと思う性質があります。なにかしてもらったらお礼をしなくてはと思う心理です。そのこともプレッシャーになります。

そこで、例えば、貸してくれた友人が「もう読んだ? そろそろ返して欲しいんだけど」「早く返して」などと催促してきたらどうでしょう。また返したら「大切なものなのに傷がついていた」などと言われたら? わたしはこんなことを言われたら「だったら貸さなければいいのに」「別に頼んでないのに」「自分のタイミングで読みたいのに面倒だな」などと思ってしまうと思います。ここでも貸し借りが原因で、相手を避難する気持ちが生まれてしまいます。これは、前述のプレッシャーや、催促された時にすぐに返せなかったりするときのストレスから、責任は自分ではなく相手にあると思いたいという心理から、相手を非難してしまうそうです。こういったことも友人との関係を変化させてしまう要因となります。

 

まとめ

貸し借りが発生した瞬間、上下関係が生まれてしまう。

自分が下だと感じるのは不快なので、無意識に貸してくれた相手を非難しようとしてしまう。

特にお金は目に見えるものでプレッシャーも大きくなるので良くない。

 

ポイントは上下関係が生まれてしまうこと、それについてお互いが無自覚であること、ゆえに傷つけあってしまうので友情が壊れてしまう、というところではないかと思います。

 

 

雑感

わたしの体験エピソードの場合、まず貸してほしいと言われてないのにわたしからお金を渡してしまった、そしてその金額が割と大きかったことがまず良くなかったと思います。わたしは返さなくていいからと言いましたが、やはり借りたまでいるというのは居心地の悪さを感じるもので、友人はサッサと返したいと思っていたのかもしれません。しかし、もともと大家さんに頼んで立て替えてもらったほどの状況だったわけですぐに返すことはできなかった。だから結果的にいろいろなストレスがかかる状態となり、わたしに対する不満の気持ちが生まれてしまったのだと思います。ですので、この件は本当にあのときお金を渡すべきではなかったと今は思います。お金を貸して、返してもらえなくて揉めるというのはよく聞く話ですが、返ってこなくてもいいと思っていても、貸し借りがある時点で関係は変化してしまうのです。やはり良い関係でいたければ極力お金の貸し借りはしないことだと思います。

 

してもいい貸し借りは、お金ではなく行動の貸し借りだそうです。つまり相手に対する気遣いや思いやりです。またやむを得ずお金の貸し借りをするときは、相手のプレッシャーを軽くする工夫が必要だそうです。よくある例えとして、恋人がデートで食事をした時、男性が食事代をすべて払ったとしたら、そのあとのコーヒー代は女性が払うようにうまく誘導する。そうすれば女性はいつも払ってもらって申し訳ないという心理的負担を軽くすることが出来ます。

 

このエントリを読んで、貸し借りが原因で傷ついたり悩んだりしている人の心が少しでも軽くなればいいなと思います。人間関係難しいね。

 

おわり。

最近の写真を貼るだけ

f:id:s_awa:20180429133857j:plain

f:id:s_awa:20180429133925j:plain

f:id:s_awa:20180429133940j:plain

f:id:s_awa:20180429133952j:plain

f:id:s_awa:20180429133958j:plain

 

インスタ地味にやってます。

フォローしてね。

www.instagram.com