みさちのにっきちょう

ハイパムフィクサーというバンドのベースの人がどーでもいいことを書いています。Twitter@misachi_bass

最高潮にムカついている

今日もまたどうでもいい話です。

 

暑くて暑くて、もう夏が来たようです。何をみても、何を聞いても結局悲しくなってしまうので、どうしたものかと思っています。自分に背負える分だけの悲しみや孤独を背負えばいいんですよと言われたけど、果たしてわたしに背負える分とはどれほどなのでしょうか。悲しみを分け合うというよりは、後悔と怒りと、会いたい気持ちでぶん殴られている気分です。この野郎。

 

もう許すしかないし、認めるしかないし、どう転んだってこうなるって最初からわかっていたことなのに、悲しみと怒りを行ったり来たりしています。たぶんその人は弱かったんですね、って先生は言っていたけど、弱くない人間なんていないんじゃないかと思うのです。わたしだって弱かったから、こうなってしまったわけで、お互い様だったりしてそれがまたムカつく。

 

最近若い人たちと話していて思ったんだけど、若いかどうかに限らずだけども、当たり前に未来を想像できる力や希望が本当に羨ましいし輝いてる。未来について思い悩むこと自体がすでに未来を信じている証拠だと思うわけです。死が近い人ほど、過去について話し出す。みんなそうだった。突然、すごく過去のこととか話し出すんだよね。もう未来がそんなにないってわかってるから過去を振り返って幸せを思い出すのかもしれない。私はそこまで振り返りたい過去なんてないから話さないけど、かといって未来について思い悩めるほど未来を信用していないんだと思います。人は死ぬんだよ、あっさり死ぬ。

 

これまでいろんな人と出会って、さよならした人もたくさんいるけど、生きててくれればそれでいいなと思う。もう連絡もつかない相手もたくさんいるし。たまたまお互いの道の途中で肩がぶつかっただけなんだろうと思う。そういう風に生きていくのかなぁ。変化していくことを恐れてはならないと思うし、人間関係が変わるときは階段を登ってるときだってわかるけど、たまに過去が恐ろしいほどの勢いで襲いかかってくることがあって困る。こうやって、また、不意に思い出す類の思い出が増えるんだろうな。大人になるっていうのは大変だ。たくさんの過去を背負って生きていくのかよ。ハイパーキャッチーな人生、いつまでたっても憧れるわ。

 

そんなこんなで悪態をつきつつも、わたしは負けたくないし、死ぬ瞬間にムカつく過去ばかり思い出すのはいやなので、また全力で走り出すことにしました。久しぶりに全力疾走する気がする。また逃げるために全力疾走かよと思うけど、いいんだ。走れるうちに走らないと、走れなくなる日はあっという間にくる。待ってる時間はないし、もう未来も過去も信用しません。わたしはわたししか信じないし、わたしはわたしを信じることにしました。まだ負けたくないです。わたしに夢を託して勝手に消えていった人も、わたしに才能がないとディスっていった人も、わたしを裏切って諦めていった人も、わたしを利用して幸せでしたとかほざいていったクズも、どうぞわたしを見つめて羨んでください。わたしは負けません。

 

おわり。

コンタクトをして見る世界は見えすぎている話

f:id:s_awa:20180713221508j:image

 

初めてコンタクトをしたのは大人になってからで、車の免許を取りに行くためにコンタクトにしたのだ。20代の後半の話。初めてコンタクトをつけたら、びっくりするくらい何もかもがよく見えて、今までぼんやり見えていたものの細部が目に飛び込んできて、頭がクラクラした。左右の視力が違ったから、それをきちんと補正したからかもしれないし、それまで使っていたメガネがずいぶん古いものだっかからかもしれない。それに普段は裸眼で過ごしていたし。眼科の先生はそのうち慣れますよと言っていたけれど、コンタクトをする度に頭がクラクラする情報量の世界になるもので、それからはほとんどコンタクトをしなくなってしまった。車の免許を取ったけど、運転する時はいつもメガネだ。(メガネはそののち、きちんと度数があっているものに作り直した)

 

街の中はあらゆる情報で溢れているのに、わたしたちはそれを自動的に必要なものと必要ないものを認識して見たいものだけ見ている。と、思う。だけどコンタクトをすると、すべてのものが情報を発信してきて、その細部が主張してくるから全部を無視出来なくなってしまう。きちんと見ると、街は情報だらけで、視覚的な情報もあるし耳からの情報もあるし、これを全部フラットに受信していたら頭がパンクしてしまうと思う。コンタクトをしてからそんなことに気がついた。

 

たまに、コンタクトをしてなくても、それに似た状態になることがあって、文字を見すぎたりすると意味がわからなくなるゲシュタルト崩壊ってご存じかと思うのだが、それが町中で起こったりする。ふと、いつもの景色なのに、すべてが主張してきてクラクラしてくる。街の色、文字、人々、音、そういうものが一気に自分に流れ込んでくる感じがすることがある。こんなところでよく正気でいられたなと思うし、ずっとこのままゲシュタルト崩壊していたらわたしは正気ではいられないとも思う。

 

景色がゲシュタルト崩壊するとき、実はわたしは真理のようなものに近づいているのではと思うことがある。逆に考えれば、普段の自分はあまりにも鈍感なのかもしれない。見たくないものを自動的に排除して見ていないのかもしれない。それがなくなって全てをフラットに受け止めるというのは、感受性というか感覚みたいなものが全開で働いているのでは、などと思う。ここら辺まで来ると既にちょっと危ない人だなと我ながらに思うのだけど、哲学者とかそいう人達はこういう風に限界まで考えて考え抜いたのだろうなと思ったりもする。こんな状態でいたら正気でいられそうもないけど、何か今見えていないものが見えそうな誘惑もあったりして、なかなか面白い。

 

そんなはなし。

 

おわり。

2018.7.8「ハイパムフィクサー」ライブ@下北沢モナレコード

「鳴り響く夜 vol.2」

下北沢モナレコードに出演させて頂きました。

 

f:id:s_awa:20180709224203j:image

 

セットリスト

スロウダンス

RELOAD

あさがお(仮)

祈りのようなもの

最後の夜に

blue

 

今回は色のある企画に呼んでもらえて嬉しかったな。

 

雑感というか感想

最近曲を作ったり演奏したりするときに、エモく!というのがキーワードになっていて、もっとエモく大げさに歌って!と言われていたんだけど、なにぶん、エモいって言葉は曖昧故に難しく、悩ましいところでありました。それで、わたしはBiSとかGANG PARADEっていうアイドルが好きなんですけど、これがわたしにとってのエモいだわ!と思いまして、ライブ映像なんかをたくさん見ました。それに影響を受けて、今回は前とはだいぶ歌い方を変えてみたわけです。まぁそれがいいのか悪いのかはまだ分かりませんが、わたし的には割としっくりきた。わしは明日死ぬかもれん!くらいの必死さがほしいわけよ。ただ、音外しやすく、まじでエモさを追求するならもっと練習だなと思いました。動きがかっこいいのと、演奏がうまいのと、どっちでもないけどグッとくるみたいなやつ、それがエモいってことでないかと現段階での感想。ひとつひとつライブをやるたびに、ひとつひとつ変わりたいし、良くしていきたいと思う所存。音源っていう指標はあるけど、音源と全く同じものが素晴らしい場合もあるし、めちゃくちゃでも心打たれる場合もあるし。でもそれにはストーリーが必要だと思うのよ。ストーリーとか思い入れがあるからエモく見えるのだとしたら、それがなかったらただのめちゃくちゃで終わるし、なんか考えることは多いな。などと感じました。

 

初めて会うとか、再会とか。

CD作って、都内でライブするようになって、見に来てくれる人が格段に増えました。それが素直に嬉しいです。基本的には、わたしは同業者(というと印象が悪くなってしまって申し訳ないのだが)よりも、普通の音楽が好きな人たちに来てもらえるのが嬉しいので、配信を見てくれてる人が実際にライブに足を運んでくれたり、あとは昔のライブ友達がCD買ってくれたりして、非常に嬉しい。そして心強い。ほんとにね。

それとはまた別で、昔コピバンをしてた頃に出会った人が見に来てくれることもあって、これがまた嬉しい。実は、コピバンしていたころよく一緒にやっていた人とか、お世話になった人とか、ライブ見て欲しくて連絡したりしたんだけど、スルーされてしまうことがめちゃくちゃ多い(笑) これはまた難しい問題なんだけど、コピバンで楽しむことと、バンドで音楽をやっていくことは全く別物なんだなと思う。コピバンしていたころは、たまにオリジナルのバンドと対バンしても、よほどよいバンドでなければただ知らない曲を聞かされて退屈だなって感じてたし、そういうことなんだろうと思う。で、しかしながら、今回なんと数年前に対バンした方が見に来てくれたのです。非常に嬉しい。まだまだわたしはオリジナルでやり始めて歴は浅いから荒もあるけれど、とにかく爆速でやりまくっているので、これからも見ててほしいなと思いました。爆走よ。レッツ&ゴーだよ!(笑)

 

勝手ながらサイトを紹介させていただきます。その数年ぶりに再開した、くどしゅんさんのサイトです。対バンしたときからすげぇ人だなと思ってたけど、ハイパー知的。あとなんでも上手い。超人か。

くどしゅんのおと

記事もいろいろ面白いのでよかったら見てみてね。

 

今後どうする問題

これから何しようかなっていうのはいつも考えていて、これは完全に妄想ですけど、秋には次のCDを出したいです。そしてレコ発したい。ツーマンがいいかなと思っております。ブッキングだと持ち時間短いから、もっとやりたいなぁって思うことが多くなってきたし、曲も増えてきたし。そして何より思うのが、自分がお客さんだった場合に、ブッキングだと自分の好きなバンドは30分くらいしか見れないわけですよ。これは前にブログに書いたんだけど、ほんとに好きなバンドを見たいなら、ブッキング30分に2500円払うってめちゃくちゃコスパが悪い気がするんですよ。あとバンドのブッキングライブって、アイドル界隈みたいに物販タイムみたいなのもないしさ。もちろん他のバンドを見る楽しみはあるんだけど。だから、同じくらいの値段を払うなら、ツーマンとかワンマンの方が見る側も楽しいと思うんですね。っていうかわたしはそう思うんですわ。だからフェスより単独公演が好きなの。そういうわけで、なんとか近い将来にツーマンをやりたいなと思ってます。わたしは。他のメンバーは知らん(笑)

 

おわりに

毎度の事ながらライブ前はめちゃんこナーバスになるし、怖いし、逃げ出したくなるけど、ステージに上がればわたし最強!モードになる(っていうかならないとダメ)。いつもステージの上で冷静でなんていられない。録画を見るのいつも怖いんだけど、でも見に来てくれた人が楽しかったと思ってくれたならそれだけでオッケーだなとも思う。あとは、毎回ひとつひとつ良くしていきたい。出来ないことは出来るようになりたいし、出来ることももっと良くしたい。もっと、見た人の心を揺さぶるくらいになりたい。いいものつくりたいなぁ。

 

おわり。

みなさんほんとにありがとう。がんばります。